トンプソンのロードバイク新モデル、なんとベルギー大使館で初披露!!

最新記事

トンプソンのカペラ、国内初披露

ベルギー大使館でお披露!!

ベルギーのバイクブランド「THOMPSON」(トンプソン)から、新モデル「CAPELLA」(カペラ)が10/7に国内初披露された。
レース向けのカーボロードバイクだ。
お披露目会場は・・・、なんとベルギー大使館!!!!
最近は大使館でもこんなことやっちゃえるのかとビックリ!!!
詳しくはこちら

管理人はこのトンプソンのロードバイクを直に見たことがないので、写真からの判断になるが、最近のトレンドを押さえた流麗なデザイン、あまりマッシブな印象もなく、結構かっこいい(管理人はスレンダーなフレームが好き^^)。
ベルギー生まれだから、きっと石畳にも対応できる質実剛健なフレームなのかなと想像。

トンプソンは創業90年と歴史があるブランドでロードバイクやマウンテンバイクのスポーツバイクから、タウンユースの自転車まで幅広い展開。多くのメーカーが社外の工場へデザインや設計を委託する中、THOMPSONは創業以来、一貫してデザイン・設計の外注化は行わず、ベルギーの本社で設計・デザインまで行っているらしい。
カーボンフレームの製造はどこかOEMかもしれないが、社員はわずか30名の規模で立派なことだと思う。

カーラーオーダー対応でお好みの一台を!!

更にこのブランドの特筆すべきはカラーオーダーシステムに対応していること!
しかも価格はわりとリーズナブルみたいですよ。
他の人たちと違うバイクに乗りたい人にはいい選択かもしれませんね。

管理人は始めてのバイクでフルオーダーはハードルが高いと思っているので、カラーオーダーが可能なマスプロフレームは、趣味のロードバイクでは良い選択肢だと思う。カラーリングだけでも、自身の好みをふんだんに表現できますものね。

そこでマスプロフレームでカラーリングのオーダーができるブランドを探してみました。

トンプソン(上述の通り)

アンカー(ブリジストンが展開するレーシングブランド)

フジ(日本の老舗ブランド、2014年ツールドフランスで活躍)

パナソニック(フレームフルオーダーも対応可能)

Avedio(日本の新興ブランド)

我流(コンポーネントのカラーオーダー)

リドレー(今でもやってるのかな?)

こうやって並べてみると、結構色々あるもんです。
まだまだあるかもしれませんので、ご存知の方がいらっしゃればご一報ください。
ご自分の個性を表現したいと考えている方にはカラーオーダーは検討してみる価値ありだと思います。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA