かっこいい電動自転車「ARCHONT」が趣味の極みといえる理由

最新記事

工芸品と呼べる趣味性の高いクオリティー

ARCHONT

出展:http://www.gizmodo.jp

まさに大人の趣味を具現化したような、所有欲を満足させる電動自転車の紹介です。

いままで、動力性能に優れる「Trefecta DRT」燃料電池付の「Linde H2 bike」といった海外の変り種自転車を紹介してきたが、デザイン面ではこれがダントツだと思います。

欧米の電動自転車が凄すぎる!!

燃料電池の電動アシスト自転車はエコなのか?

「ARCHONT electro」といい、セルビアのメーカーOno Bikesが一台ごとハンドメイドで製作しているそうです。 サイズのラインナップはM、L、XLの3モデルで2.6~3m、重量55kgとかなりの重量級自転車です。
まぁ、これを選択する方には重量なんて指標は関係ないでしょう。

ARCHONT

出展:http://www.gizmodo.jp

この有機的な美しいフォルムであれば、これだけの重量はやむなしですかね。
もはやバイクの領域です。なんだけ精巧に作られてビンテージ模型を見るようです。

電動自転車としての走行性能

動力と走行可能距離もなかなかものもので、最高時速は80km/h、20Ahの大型バッテリーによって99kmもの最大巡航距離を達成します。かなり重量級の自転車のため、取り回しに苦労しそうでですが、バックギヤ付きのためなんとかなりそうです。

ものすごく速い電動自転車や、スポーツ自転車ライクなルックスをの電動自転車等も有りますが、このエレガントな外観とチョッパータイプのデザインのため、唯一無二のポジションを確立できそうな感じもします。
デザイン性に優れる電動バイクといったほうが正しいかもしれませんね。

管理人も地平線の見えそうなまっすぐな道を走ってみたいです。

販売価格はちょっと高め

ARCHONT

出展:http://www.gizmodo.jp

さて価格のほうですが、事前予約の最低販売価格が約87万円、市販価格は約130万円だそうです。

非電動タイプの「ARCHONT」であれば約26万円で購入可能とのこと。
写真の奥のビーチクルーザーっぽい銀色のものがそうなのかな?

まさに所有欲を満たす一品です。

是非とも日本でお目にかかりたいものです。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA