面白い自販機は日本にもあった。愛媛県が熱い!

最新記事

先日、米国の自転車部品を販売する面白い自販機を紹介しました。

面白い自販機、自転車用部品が24時間いつでも購入可能!

「日本人はそんな発想ないなぁ」と勝手に思っておりましたが、日本にもチューブが買える、非常に面白い自販機が存在しました!

しまなみ 自販機

全国初、700Cチューブが買える面白い自販機

こちらの面白自販機は自転車に話題で熱い愛媛県です。

同県の取り組みは本当にすごいですね。先日紹介しましたヘルメット着用率6倍もすごかったですけど、本当のサイクリストのことを考えてくれている県なんですね。管理人も老後は愛媛県に住みたくなってきましたw

愛媛県でヘルメット着用率が6倍に

設置場所は愛媛県がサイクリスト向けの観光資源として力を入れている「しまなみ海道」の四国側起点に近い自転車ターミナル「サンライズ糸山」(愛媛県今治市)

太さやバルブ長別に3種類のチューブを準備、結構本格的、なお品揃えはきちんと売れ筋を考慮して決定しております。

しまなみ 自販機

設置を提案した今治市は「サイクリストへのおもてなし」と説明、この自販機の設置年が2013年なんで滝川クリステルにのっかているのは間違いないですが、ご愛敬w

面白自販機で島一周をサポート

広島県尾道市と今治市とを結ぶしまなみ海道の沿線は島が中心、『ブルーライン』と呼ばれるしまなみ海道の推奨コース沿道には自転車店もあるが、ひとたびコースを外れて島に入れば民家しかない状態。

この状況では自転車で島を一周しようと思っても、パンクしたときにチューブを購入できる店がないことは問題として、今治市がチューブを購入できる面白自販機設置を提案。

面白い自販機台数が増えることに期待

現在、チューブを販売する自販機はこの1台のみですが、市観光課では今後「チューブを買える自販機が増やす流れになっていくことを期待したい。尾道市にも設置に向けて声をかけている段階」とのこと。

愛媛県では現在、県のサイクリング施策である総延長1270kmのサイクリングコースを整備する「愛媛マルゴト自転車道」計画を進める。

これらのユニークな取り組みがもっと取り上げられれば、県のサイクリング施策の強力な後押しになり、観光資源としての魅力を倍増させることは間違いないと思います。

がんばれ!愛媛県

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

参考:http://www.cyclesports.jp/depot/detail/35624

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です