ロードバイクという趣味に掛けられるお金は?

最新記事

一般的な趣味に掛けられるお金は?

本ブログに来ていただける方々のほとんどは男性で30~40歳が中心です。
家庭を持っておられる方も多く、趣味に収入を全部つぎ込むわけにはいかないので、ある程度の制約があるものと思います。

趣味に掛けられる費用

では一般的に趣味に掛けられる金額はいくらくらいなんでしょうか?
以下、スルガ銀行が行ったアンケートで興味深い内容が報告されています。

d-labo(スルガ銀行夢研究所)は、2014年12月8日~9日の期間において、全国の20~40代の男女500名を対象に、趣味に関するインターネット調査を実施した。

まず、現在いくつ趣味を持っているのかという質問に対して、「2個」と回答した人が最多の32.2%、続いて「3個」と答えた人が21.2%、「1個」と答えた人が21.0%という結果に。その一方、「6~11個以上」といった回答は全体の1.6~2.6%と非常に少ないことから、趣味をたくさん持ったとしても5個までが限界ということが言えそう。

次に、趣味に月平均いくらお金をかけているのか聞いたところ、5千円未満が30.0%、続いて5千円以上~1万円未満が22.2%、1万円以上~2万円未満が15.8%、一方、月に5万円以上お金をかけている人は全体の約1割という結果となった。

そして、現在夢中になっている趣味を年収別に聞いてみたところ、年収300万円未満は読書30.0%、映画鑑賞・DVD鑑賞29.0%、ゲーム19.0%という結果となっており、比較的安価で始めることができるインドアな趣味が多い傾向に。
引用:趣味にかけられるお金は幾らまで!?

趣味掛けられるお金のボリュームゾーンはおよそ2万円以下というところでしょうか?
5万円以上、つまりホイールで例えるとZonda相当で考えると、1割にも満たないそうでです。

また年収300万未満では比較的安価なインドア嗜好の方が多く、自転車等のアウトドアは上がっておりません。

自転車を趣味とするのはセレブより?

それでは高年収層ではどうなっているのでしょうか?

一方で年収1,000万円以上の人は、年収300万円未満の人と同じ、読書や映画鑑賞・DVD鑑賞などインドアな趣味を楽しんでいるのに加え、スポーツやロードバイク、ゴルフ、ダイビング、登山、釣りなどアウトドアな趣味も楽しんでいる人が多いことが分かった。さらに結果を見ていくと、年収の高い人ほど趣味のためにローンをよく組むという傾向も見られた。
引用:趣味にかけられるお金は幾らまで!?

高年収になるとロードバイクというキーワードが出来てます。さらに年収が高い人ほどローンをよく組むそうです。収入の将来展望が見えているからでしょうか?

趣味としてあげる人の割合が300万未満の人と比較して、1000万円以上の人が多いのは、自転車は車趣味に比べるとはるかに低予算で楽しめる趣味だと思いますが、ロードバイクに乗るため初期投資やバイクそのものチューンナップ、ランニングコストを考慮するとお金が掛かる趣味であることを示しているのかもしれません。

自転車の趣味に掛けられるお小遣いはいくら?

如何にして出費を抑えるか?

趣味としてに費用2万円も補給食やチューブ等の消耗品であっという間に半減しそうなんで、チューンナップやメンテナンスに費用を如何に抑えるかがカギだと言えます。

DIYによる消耗品の交換を入り口に、ご自身でチューンナップパーツを入手交換できるようになれば、趣味の幅が自転車いじりにも広がり自転車に対する愛情も深まる、また費用の削減もできて一石二鳥です。

パーツ入手には海外通販がおススメ、簡単に交換できるパーツもありますので利用しない手はありません。本ブログでも定期的に海外通販の激安情報を提供しておりますので参考にしてください。

ロードバイクの簡単カスタマイズにおすすめのパーツは?

またDIYに自身が無い方は、日ごろメンテナンスをお願いしているショップで作業を見学させてもらってはどうでしょうか?

色々質問すれば教えてくれると思いますし、実作業を目で確認できればコツも掴めると思いますので、一度チャレンジしてみては?

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA