ロードバイク軽量化におすすめ、お買得なカーボンハンドル

最近の投稿

カーボンハンドルでロードバイクの軽量化を実現

「ロードバイクの世界では軽さは正義」、その流れの中でロードバイクの軽量化に対するカーボンパーツの位置付けはますます重要になってきております。

ハンドルももれなくカーボン化が進んでおり、各社のフラッグシップモデルはカーボンばかり、逆にアルミ製の軽量ハンドルなど見かけなくなってしまいました。

特にカーボンハンドルの場合はアルミ製のハンドルに比べて、路面からの深いな振動吸収という軽量化以外の効果も期待されることから、人気を博しております。

有名ブランドのカーボンハンドルはかなり高額

軽量化のみでなく快適性も期待できるカーボンハンドルですが、導入の際にどれくらいコストが掛かるのでしょうか?

フレーム等はカーボン素材による軽量化と価格低下が並行して進んでいるような気もしますが、カーボンハンドルはあまりそんな感じでなく、まだまだ高額です。

激安海外通販サイトのサイクリングエクスプレスでも以下の製品は27000円程度(記事投稿時)、為替差益や国内代理店の中間マージンとかを差し引いてもこの値段です。3T カーボンハンドル

3T Tornova Team Stealth Carbon Road Handlebar

結局、軽量モデルを選ぼうとすると3万円くらいは覚悟しないといけません。

カーボンのショック吸収性を試してみたく、管理人もカーボンハンドルを物色したこともありますが、結局手が出ずにアルミのハンドルにしております。

ハンドル選びも結構難しく、ポジションに応じて交換することもあるので、一度買えば一生物という訳にはいかないですよね。  
AU - 300x250

ブランドに依存しないカーボンハンドル選び

では、コストかけずにカーボンによる軽量化の恩恵に授かろうと思うと、どうすればいいか?

ここで管理人は提案する答えは「ブランドを気にせずにハンドルを選ぶ」です

なにせハンドルは大部分がバーテープに巻かれて隠れていますので、ブランドの威光を発揮しにくいパーツでもあります。

あとは色と形状くらいですので、開き直ってブランド依存を捨てるのは悪くない考えだと思います。

では、ブランド依存を捨てれば、どれくらい安価でカーボンハンドルが購入できるのか、amazonで調査してみました。

ありましたよ、価格は1万円以下です!

IMUST 超軽量 カーボン 3K-マット仕上げ レーシング ロードバイク ハンドルバー 31.8×400mm [並行輸入品]

カーボンハンドル

ICAN 超軽量 カーボン 3K 光沢仕上げ レーシング ロードバイク ハンドルバー 31.8mm

カーボンハンドル ICAN

重量は非常に軽く196±10gとなっております。

価格はどちらも6708円と同じ価格、一応ブランド名は異なるのですが、写真でみる分にはあまり差はわかりません。もしかして出所は同じなのとも思ってしまいます。

この怪しさ加減もまた楽しさですねw

コストパフォーマンスはかなりのもの、一度カーボハンドルを試してみたい、あるいはお金を掛けずに軽量化を図りたいという皆さんにおススメです。

ロードバイク軽量化におすすめ、お買得なカーボン製サドル

ロードバイク軽量化におすすめ、お買得なカーボンシートポスト

ロードバイク軽量化に必須のカーボンパーツ取り扱い方法

またカーボンハンドルの魅力は重量ではなく、その有機的なフォルムだという方もいらっしゃるかと思いますが、そんな方におすすめのリーズナブルなカーボンハンドルもあります。

Beiou 炭素繊維 ロードバイク ハンドルバー 420mm 超軽量T700 光沢 レッド H003E42 [並行輸入品]

カーボンハンドル

アルミでは決してできない、この造形がなんと6000円程度で実現できます。
マッシブはフレームをお持ちの方は試してみる価値ありではないでしょうか?

このようにブランドにこだわらなければ、コストを掛けずにロードバイクの性能アップやイメージチェンジを図れます。色々種類を試してみるのも自転車趣味の極みではないかと思います。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です