ついにロードバイクにも車両保険が登場!

最新記事

怪我だけでなく、ロードバイクそのものにも保障を!

スポーツバイクは大変スピードのが出るものであり、ひとたびび事故を起こしたときの賠償金は青天井であり、被害者も加害者も人生に深刻な影響が出てしまいます。

事故

そういった背景とスポーツ自転車愛好家増加によるニーズ増に対応するため、各社から自転車保険なる万が一の事故に備えた保険商品が販売されております。

自転車保険として単体で販売されているものもありますが、自動車等の保険特約に同様の保障を受けられるような商品もあり、ライダーの方には絶対に加入をおすすめします。

保険加入のすすめ、安全に自転車を楽しもう!
自転車を楽しむには保険加入が必須! 自転車で女性はね死なせた大学生有罪判決 先日自転車に関わる痛ましい事件で有罪判決が下りました。 事...
ロードバイクの事故が補償される保険の種類
万が一のロードバイクの事故に備えに保険の準備を ロードバイクはあくまで車、高額賠償の可能性あり ロードバイクは軽車両という扱いになります...

ロードバイク本体を保障してくれる保険商品

しかしながら、事故を起こしたときには、自分の体の心配よりも先にロードバイクに傷がついていないか心配してしまうような悲しいロードバイカーの性、自転車本体への保障もしてくれる保険はないかとの声も大きかったのでしょう。

そんなロードバイカーに待望の保険商品が発売されました。

その名も・・・・・、「BICYCLE保険

ん、名前にはちょっとインパクトがなく、「英語にしただけやんけ!」という方もいらっしゃるかと思いますが、なんとこちらの保険は車両保険なんですよ!

つまり、自転車の全損や半損、盗難等に自転車本体の被害に対して保障をしてくれる商品なんです。メーカー、新車・中古車問わず引受可能ですので、購入後しばらく経過してからでも加入可能なんです。

ばんざい

加入には購入金額の証明書と防犯登録がなされていることが条件になりますが、既にお持ちに自転車でも加入可能であることは非常にうれしいですね。

保険金の受け取り条件は要チェック!!

しかし折角の車両保険ではありますが、保険金受け取りに該当しない条件もありますので、きちんと保険内容を理解しておく必要があります。

例えば、保険金を受け取るには交通事故証明が必要のため、立ちゴケなどでは保障が受けられないかもしれません。

受け取りの条件に対する「重要事項の説明」は熟読しておいたほうがよさそうです。以下に保険金をお支払いできない場合の主な例を記載しますので、ご加入検討時は参考にしてください。

【普通保険約款】
①保険契約者、被保険者または保険金を受け取るべき者等の故意または重大な過失
②地震もしくは噴火またはこれらによる津波
③防犯登録がなされていない自転車の事故

【車両盗難特約】
①自転車の部分品または付属品、タイヤのみに生じた損害
②盗難に起因する損壊等による損害が全損に至らなかった場合

【車両全損特約・車両半損特約】
①交通事故証明書が発行されない事故
②被保険者等が麻薬等の影響により正常な運転ができないおそれがある状態で自転車を運転している場合または法令に定める酒気を帯びた状態もしくはこれに相当する状態で自転車を運転している場合に生じた損害

引用:BICYCLE保険説明ページ

まとめ

今回ご紹介したBICYCLE保険は高額なロードバイク機材を保障する貴重な保険商品です。事故だけでなく盗難も保障してくれるのはサイクリストにとって非常にうれしいですね。

このようにスポーツ自転車市場の成熟に伴い、ユーザーにとってメリットのある様々なビジネスサービスが産まれております。

尖った決戦用ホイール、効率的な使用方法の新提案
決戦用ホイールを選ぶのは難しい。 絶対的性能を追求するとチューブラー、カーボンと使い勝手もデリケートになります。レースやイベントのみに限定...

今後のサイクリストの好奇心をくすぐるようなサービスがどんどん出てくることを期待しましょう!

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA