ペダリングの課題が整体に行ったら治ったという話

最新記事

先日、産まれて始めて整体なるものに行ってきました!

そもそもペダリングを矯正しようとかそんな考えは毛頭なく、ただ左脚側のでん部の痛だるさに我慢できず、藁をもすがる思いで整体にいっただけなんです。

行ってみたら、ビックリ驚くような効果が!!

整体に行ってみたらこうなった!

もともと左右のペダリングスキルに難あり

管理人はロードバイクに乗り始めて足掛け15年以上になります。最近はめっきり乗る機会も減って、体も硬くなり、ペダリングスキルはますます低下する一方でした。

具体的には左足の股関節部分からの可動域は右と左で随分と差があり、右足でできることが左足では難儀する始末。片脚づつストレッチなんかすると、それが如実にわかります。

そんな悩みもあり、ますますロードバイクに乗る楽しみ方からいじる楽しみに移行していき、運動不足は顕在化、悪循環です。

そんな運動不足による体の柔軟性の低下が原因かわかりませんが、左足の付け根、つまりお尻の左下が痛だるくなることがあり、不快で気分が悪くなることもしばしばでした。

電気屋さんのマッサージイス、60分3000円の手もみマッサージとかもいろいろ試しましたが、効果は一時的なもので解決には至らず。

一念発起で整体の扉を開く!

そんなイライラしていた管理人を見かねてか、嫁さんから一言、「整体でもいってきたら?」。

正直整体なんてものにはあまり関心がなかったのですが、そのときはなぜか乗り気に。「試しにちょっくら行ってみようと近所の整体屋を検索、車で10分ほどのお店に行ってきました。

管理人の住む町と整体で検索したら、一番目に出てきた整体屋さんだったんですが、見た目は普通の民家です。A3サイズくらいの看板がなければ全くわかりません。

いわゆる病院とかのつくりではないので、入り口はあくまで民家の入り口です。「勝手に開けていいんやろうか?」と思いつつ、勇気を出して開けてみました。

「こちらにどうぞ~!」と部屋からお兄さんが出てきました。HPで見た先生のようです。当たり前ではあるが、受付とかはありません。診察部屋らしき部屋に通された後、他愛も無い挨拶程度の言葉を交わしてから、カウンセリングが始まります。

カウンセリング

痛みを感じる場所、時期、安静時はどうかなど症状の説明をします。5分ほどのカウンセリングで原因を解析、なんでも痛みを感じるところと、原因のところが違うことが多いらしい。難しいことはわかりませんが、お尻のコリではなく太もも部分の筋肉が過度に収縮していることが原因だろうとの分析でした。

「では、この施術台にうつぶせで横になってください」と幅80cmくらいの平たいベッドに横になります。顔を乗せる部分にはタオルが掛けてありましたが、ちょっと汗臭かったw。

整体

そこから整体師さんによるストレッチ、筋肉そのものは本当は多少のことでは痛みを感じないはずなのに、指で押すと痛みが走るのは不具合の証拠ということで、原因部分を探し出して、伸ばしてくれました。

嘘のように痛みがなくなり、さらにが驚くような効果が!!

いろいろとお話をしながらのストレッチですが、「ちょっと痛いですよ」と先生が言う時は本当に痛い、思わずうめき声を上げてしまいます。そんなこんなで30分ほど耐え忍びました。

ストレッチ後に立ち上がると、あら不思議、さっきまで痛かったお尻部分が全く平気になりました。なんだか体は軽い感じ!!

「2週間ほど様子みて、再発するようでしたらまた来てください」との先生の一言。

驚いたのはその翌日、それほど暑くも無かったので、ひさしぶりにロードバイクで出かけたところ、いつもの河川敷で軽めのギヤをくるくる回したときにビックリ。「あれ、なんか回しやすいな・・・・」。

もしかしてと思って、片足ペダリングを行ったところ、右脚に比べてギクシャクしていた左脚のペダリングが非常にスムーズ!

ガッツポーズ

まさに驚きです。

今までの悩みはなんだったんだ!

プラシーボ効果では片付けられないペダリングに対する効果、まさに目からウロコとでも言うべきか?

スポーツ選手が整体に通う意味がやっとわかりました。今回の診察料は5000円でしたけど、この効果を考えれば決して高いものではないと思いました。

もし、管理人と同じような悩みを抱えている方がいらっしゃれば、一度整体というものにチャレンジしてみては如何でしょうか?

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA