ワイドリム対応のフルクラムレーシングゼロC17が登場

最新記事

定番ホイール、レーシングゼロが待望のワイドリム化

クリンチャー用の定番タイヤサイズは23Cから25Cへ移行する中、25Cタイヤのポテンシャルを最大限に発揮するために、リム幅のワイド化が進行中。

カンパの定番ホイールであるシャマルやゾンダな末尾にC17という記号を加えたワイドリムモデル、シャマルウルトラC17ゾンダC17をラインナップしたことは記憶に新しいですが、ちょっと遅れて兄弟ブランドであるフルクラムも同様の改良がなされました。

ネーミングのルールはシャマルやゾンダと同じくC17という記号が製品名の末尾に追加されております。

そもそもC17の意味するところは、リム幅そのものを指しているようで現状品の15mm幅に対して約2mmのワイド化を図っております。

現モデルでも25Cタイヤを装着することは可能なのですが、タイヤが太くなった分、リム幅より大きくはみ出してしまい、タイヤの変形を助長、結果的に抵抗増加やコーナリング性の悪化に繋がるとのこと。

つまり今流行りの25Cタイヤのポテンシャルの恩恵に授かるにはリム幅の最適化も同時に行う必要があるとのことなんですね。

シャマルウルトラC17よりもかなりお買得?

そんな新製品となるフルクラムレーシングゼロC17でありますが、サイクリング・エクスプレスでは早くも特価で提供されております。

レーシングゼロC17

新製品のフルクラムレーシングゼロC17が約8万円で購入可能なわけですから、旧製品の在庫処分価格と比べても十分の競争力のある価格になっています。

兄弟ホイールとして知られるカンパのシャマルウルトラC17との価格関係を調べてみると、wiggleで取り扱っているシャマルウルトラC17なんかが10万円くらいしていますので、レーシングゼロC17のほうが随分お買得感があると言えます。

アルミホイールの最高峰として定評のあるフルクラムレーシングゼロ、ワイドリムモデルになっても高いポテンシャルを示すことは間違いなし!

ロードバイクのホイール選び、迷ったらこれ!
ロードバイクに乗り始めると、誰しもが「もっと速く走れないかな?」、「もっと軽くならないかな?」、「もっとカッコよくしたいな?」と愛車に求める...

買って後悔することはないと思いますので、気になる人はチェックしてみては如何でしょうか?

同じような価格でカーボンリムのレイノルズアタックも気になる

ちょっと気になるのは同じくカーボンリムで同じくワイドリム化がなされたレイノルズのカーボンホイールアタック。こちらのホイールが本記事執筆段階で84999円というバーゲンプライス。

レイノルズ アタック

以下の記事投稿時も随分お買得だと思ったのですが、更に15000円ほど安くなっております。

【激安】レイノルズのカーボンホイールが大特価セール
レイノルズのカーボンクリンチャーホイールが安い! レイノルズのカーボンクリンチャーアタックがタイムセール中 また本サイトでは定期的に海外...

カーボンリムということで本来の競合はフルクラムレーシングゼロカーボンとなるはずなんですが、価格面ではアルミのレーシングゼロと競合関係になっております。

レーシングゼロカーボンが16万円くらいすることを考えると、半額とまでは行きませんが、かなりのお買得感です。

カーボンリムは扱いがデリケートだからちょっとという方も価格が価格ですので、試してみるのも良いかもしれません。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA