ブラケットカバーのカラーカスタマイズが意外と難易度が高い訳

最新記事

下手すると安っぽくなるブラケットカバーの色あわせ

ロードバイクは走行性能だけでなく、そのメーカーの持つ歴史や背景といって所謂ブランド力や見た目の美しさも非常に重要な要素です。

おすすめのロードバイクメーカーはこれ、各メーカーの特徴まとめ
ロードバイクは性能だけでなくメーカーの希少性も大事 ロードバイクのメーカー、人によってはブランドという表現を使い人もいるかもしれません。あ...

ロードバイク購入後のカスタマイズでパーツのカラーリングは非常に神経を使うところですね。ロードバイクのカラーに合わせた各種パーツの多様化は進んでおり、サドルやバーテープに始まり、最近ではシフターケーブルやワイヤーキャップ、バルブキャップなどのスモールパーツまで及んでいます。

バイクをオシャレに改造(自転車チェーン編)
趣味としてスポーツ自転車を楽しむのであれば、外見も非常に重要な要素だと思います。 バーテープやサドルなどでカラーカスタマイズを楽しむ方はた...

そういったカラー系パーツの中で意外とカスタマイズが難しいパーツはブラケットカバーだと管理人は考えております。

交換してみようと検討中に皆さんも一度お手元で製品をお確かめの上、挑戦して頂けると幸いです。

最大の問題はブラケットカバーの質感

ブラケットカバーの材質は皆さんご存知の通りゴム製です。ゴムが最もしっくりくる色は間違いなく黒なんです。他の色だとゴム質のネガばかりが顔を出してしまいます。

明るい色だとどうしても中途半端な透明感(?)が出てしまい、安っぽさを醸し出す危険性をはらんでいるわけです(ガンダムのプラモデルの塗装をする際に淡い色で塗装する場合は内側を黒く塗装しているほうが重厚な仕上がりになるのと同じ理屈?)

さらには色あせが起きてしまうと、さらに事態は悪化していしまいます。

カラーブラケット

管理人の愛車は白とブルーがテーマカラーなんですが、どうしても触手を伸ばすきにならないのはそのためなんです。

もし交換をお考えに方がいらっしゃれば、濃色系であれば管理人も心配ないと思います。「黒とあんまり変わらんじゃないか!」と叱責されそうですが、たとえばネイビーになるだけでも随分と雰囲気も変わると思います。

まぁ問題はブラケットカバーにおいては濃色系のラインナップをあまり見かけないことですね。技術的に難しいのかもしれませんね。

基本カラーは黒だけどワンポイントいれると随分お洒落

ブラケットカバーのカスタマイズはそもそもやめておけという意味かと言えばそういう訳でもありません。ブラケット素材そのもののカラーリングでなく、基本は黒で他の色のアクセントを入れる方法です。

おススメしたいのは「SHAKES HOOD」のブラケットカバーです。こちらはブラケットそのものは黒ですが、様々なカラーのプリントを準備しております。

shakes hood

ワンポイントではありますが、黒一辺倒であったブラケット周りにちょっとしたアクセントが加わります。これだけでも随分印象は変わります。乗っているときには殆ど認知は不可能かもしれませんが、ロードバイクを停めてニマニマ眺めるときには十分なインパクトであると思います。

ロードバイクは見た目も重要、カラーカスタマイズも妥協はしたくないものですね。

将来的に高い質感のゴム質を採用したカラーブラケットのリリースを期待しつつ、現時点でのベストのブラケットチューニングは「SHAKES HOOD」をベストバイとして推奨したいと思います。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です