【書籍】かもめ☆チャンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿

今回紹介するのは玉井雪雄先生の自転車漫画「かもめ☆チャンス」 副題は自己再生ロードバイクストーリー!!

ちなみに管理人が一番最初にハマった自転車漫画の先駆けである曽田正人先生の「シャカリキ!」です。その後にリリースされた安田剛士先生の「Over Drive」、アニメ化までされた渡辺航先生の「弱虫ペダル」等の自転車漫画がありますが、いずれも高校が舞台の漫画であり、主人公が28歳の社会人(え?)、脚質はダウンヒラー(え?)、基本的にアシスト(本気?)という点では、異質な自転車漫画といえます。
かもめ☆チャンス

信用金庫勤務のシングルファーザーである主人公が偶然ロードバイクと出会い、その後の人生の変動を軸に、主人公に関わるサブキャラクターたちのサイドストーリーもきちんと準備されております。

絵柄はちょっと劇画チックで、ロードバイク等は非常に細かく描き込まれており、凝った作画、ギャグ場面でも二頭身キャラなんかはできてきません。ヒロインクラスの女性キャラは非常に綺麗に描かれており、管理人なんかはちょっと見惚れちゃいます。

主人公が初めてロードバイクにのり、市民レース出場から最終的にはヨーロッパまで遠征まで描かれており、ちょっと現実にはなさそうなお話ではありますが、そこは漫画ですからね。

レースにおけるロードバイクの疾走感、チーム戦略、心理戦まで細かく表現されており、最後まで飽きさせません。

コミックは全20巻で小学館から刊行されており、ロードバイクに乗る大人に方々にこそ読んでほしい漫画です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク