【おすすめの逸品】ヒラメ ポンプヘッド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿

まさに一生もの、ヒラメ ポンプヘッドで大満足

ポンピングのお悩み解消、超便利アイテム

今回ご紹介するのは「kuwahara hirame ポンプヘッド」、お手持ちのフロアポンプに取り付けるポンプヘッドであり、いわゆる一生ものの逸品です。

ロードバイクのメンテナンスでタイヤの空気圧管理は欠かせません。

ほとんどの方々が走行前あるいは前日にフロアポンプで空気圧の調整を行っていると思います。フロアポンプでエアーを入れるときにポンプヘッドが外れた、エアーが漏れて上手く入らないなど、イライラしたことはありませんか?

特に高圧までポンピングするロードバイクであれば尚更ですね。

このヒラメポンプアダプターヘッドはそんなお悩みを解消する超便利アイテムです。

所有欲を満足する質感と取り扱いのしやすさが特徴

ポンプヘッドの脱着が容易で高圧でも外れることはなく、最後まで安定してポンピングが可能です。ポンプヘッドそのものが金属でできてるため、結構ずっしりした質感でまさに大人の趣味の道具という感じがします。

使い方はいたって簡単
①タイヤのエアバルブを緩め、ポンプヘッドに差し込みます。
②カムレバーを倒して、ポンプヘッドをエアバルブに固定。
③所望のエア圧までポンピング
④カムレバーを起こす。
⑤ポンプヘッドをはずし、エアバルブを閉める。

使用上の注意点ですが、ヒラメポンプヘッドの特徴である脱着性を活かすためには、バルブ側の径に合わせてヘッドの食い付きを調整する必要があります。
下図に示す加圧調整ネジを締めたり、緩めたりする事でカムレバーを倒す力加減(バルブをロックする力)を調節するのですが、ポンプヘッドをバルブに差し込んで調整ネジを加減する程度、それほどシビアなものではありません。

ヒラメポンプヘッドの調整ネジ部分

横型ポンプヘッドと縦型ポンプヘッド、お好みで

カムは縦型と横型がありますが、管理人は横型を使用しております。 理由はカムレバーを握るときに痛くなさそうな形状だったから、それだけです。
実際に縦型と比べてみたわけではないので、縦型を使用している方がいらっしゃれば教えてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク