弱虫ペダルのコラボ商品「POWER FOOD」でちょっと複雑な気持ち

最新記事

大人気マンガ「弱虫ペダル」の公式コラボ商品発売

押しも押されぬ大人気自転車マンガとなった「弱虫ペダル」、これまでの自転車マンガのカテゴリーでは空前の大ヒットだと思います。

ロードバイク漫画「弱虫ペダル」が大ヒット、その魅力に迫る!
「弱虫ペダル、累計1600万部!」、それってすごいの? 週刊少年チャンピオンで好評連載中漫画「弱虫ペダル」、週刊誌上でもカラーページも多く...

このたび弱虫ペダル公式コラボ商品はいくつかあるようですが、やっぱり出たかといった感じの食べ物系のコラボレーションです。

コラボレーション製品は「FINE JAPAN」より販売される「POWER FOOD」です。

「POWER FOOD・・・・、また微妙な名前をw」と思わず苦笑してしまいました。というのは作品中でライバル高校の新開くんがいつも貪っている補給食であるの「パワーバー」の印象が非常に強いからです。

名前は似てますけど別製品なんですよね・・・。

結構誤解される方もいらっしゃるかもしれません。

3種類の味のパワーフードを展開中

こちらのパワーフードですが、結構力が入っており市場投入する味は3種類(チョコ・抹茶・イチゴ風味)となっております。単に風味だけでなく、メインの成分も差別化しているのが特徴、製品の特性はパッケージキャラクターの脚質イメージに合わせているでしょうね、きっと。

①弱虫ペダル POWER FOOD 燃焼系 チョコ風味

パッケージキャラクターは主人公の坂道くん、メイン成分はマルチビタミンと中鎖脂肪酸となっております。燃焼系と銘打たれたチョコ味ですが、クルクルペダリングによるヒルクライムにはこの成分が効果があるとでも言う事ですかね・・・・。

②弱虫ペダル POWER FOOD 瞬発系 抹茶風味

パッケージキャラクターは坂道くんの先輩、巻島さんです。メイン成分はカフェインとマルチビタミン。同じヒルクライマーですが坂道くんとは脚質が違う巻島さん、あのロードバイクを激しく揺らすヒルクライムフォームにはきっとカフェインが有効なんでしょう!

③弱虫ペダル POWER FOOD 燃焼瞬発系 イチゴ風味

パッケージキャラクターは鳴子くん、主人公の同級生の関西弁の目立ちたがり屋さんです。メイン成分はL-カルニチンとカフェイン、カフェインは抹茶風味にも含まれていることから、鳴子くんのようなスプリント力を高める成分はきっとL-カルニチンです。

可愛らしいイチゴ風味は彼の髪の毛の色とかけたのでしょうかね?

キャラに応じたラインナップ拡充への期待と不安

現時点でのラインナップは上記の3種類ですが、弱虫ペダルは魅力的なキャラクターがたくさんいますので、まだまだラインナップを増やして欲しいところ。現時点では今泉くんがないのも違和感あり、大人気キャラの御堂筋くんも出して欲しいところですね。

逆に絶対に出して欲しくないキャラは新開くん、だって作品中でのパワーバーの印象が強すぎるんですもんね・・・・。

弱虫ペダル新開くんの「あの補給食」が特価セール中
パワーバー食べて新開隼人並にパワーアップしようぜ! 大人気の自転車マンガ「弱虫ペダル」でライバル高校である箱根学園のエーススプリンター、新...

キャラ拡充は本製品の売れ行き次第、高校別のパック製品とか展開できるくらいに成長してくれたら嬉しいですね。


以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA