ダイエットを成功させる!自転車ダイエットのメリット

最新記事

自転車ダイエットの長所・メリット

「ダイエット成功」という魅惑の言葉、誰しもがやるからにには成功させたいと思うはずです。今回はダイエットの手段である食事療法、運動療法の比較から運動療法のひとつである自転車ダイエットの長所・メリットについて考えます。

ダイエットを成功させる!自転車ダイエットのデメリット

食事療法によるダイエット

体重を減らすことを目的とするダイエットの基本は食事療法と運動療法の2つと継続する意思になります。 食事療法としては低脂肪で高タンパク質のものを食べることや食事の量を適切な量とすることが基本です。

食事療法

過度な食事制限は身体の状態を悪化させるので注意が必要ですが、基本的には食べるものに気を使って、太りにくい食事をすることで改善することが可能なので、比較的簡単なダイエット法といえ、実際に間違っていたダイエット法でも効果が出るものです。

ただし間違ったダイエット法の場合にはリバウンドのリスクがあるため、リバウンドを起こさない程度の食事療法を行う必要があります。

運動療法によるダイエット

一方で運動療法は本格的に行わなければ効果が出にくいものです。例えばエレベーターやエスカレーターではなく階段を使うといったことや、できるだけ歩くといった程度の運動では健康に寄与することはできても、体重を減らすほどの効果を得られにくいものです。このため身体のカロリーを効率よく消費させる運動を行う必要があります。

運動療法

カロリーを効率よく消費させるダイエット法としては、マラソンやジョギングなどの走る行為やスポーツジムでの筋肉トレーニングや水泳などがあります。また成功しやすい運動療法としては自転車ダイエットがあります。

自転車ダイエットの長所

自転車ダイエットの長所としては、自転車にさえ乗れれば誰でも行えるということで、マラソンやジョギングなどの走る行為に比べて身体への負担が小さいという点があります。また筋肉トレーニングや水泳を行う場合にはスポーツジムに通う必要がありますが、これらに比べて費用負担が小さいといった点もあります。

自転車ダイエット自体の長所としては自転車をこぐ行為はお尻から太ももにかけての大きな筋肉を使用するため、カロリーの消費が大きいということです。これは足腰の筋肉が身体の70%を占めているためです。

また自転車ダイエットの場合には負担が少ないというのも魅力のひとつです。これは歩いたり走ったり行為に比べて自転車の場合には足腰、特に間接に対しての負担が小さいため痛めるリスクが小さくなります。

それに自転車の場合には歩いたり走ったりするのとは異なり、その3倍から4倍程度ははやく移動することができますし、ある程度の荷物があっても、車輪によって転がるため身体への負担が少なく移動の苦にはなりません。

自転車ダイエット

このため自転車を日頃から通勤や買い物といった習慣的ものに使うことができ簡単にダイエットを目指すことができます。

自転車はダイエット成功への近道

自転車ダイエットは足腰の負担が少なく、自転車に乗れれば誰でも始められます。

それに自転車は安価なものでも効果は変わりませんし、移動や荷物を運ぶといった実用性もあるため、ダイエット器具を購入してダイエットするのに比べると費用対効果の高いものといえますし、脂肪を燃焼させると同時に筋肉を鍛えることもできるので基礎代謝を上げることができリバウンドしにくい効果もあります。

数あるダイエットの中で自転車ダイエットが一番おすすめな訳

自転車ダイエット成功のコツは有酸素運動を意識すること

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA