FELTのロードバイク新モデルFRのブレーキ位置が斬新でびっくり

最新記事

リヤブレーキ配置が革新的な2017年モデルFR

FELTは質実剛健なおちついたブランドイメージ?

FELTというバイクブランドをご存知でしょうか?

トレックやキャンノンデール、コルナゴ、ピナレロといってブランド重鎮に比べると地味な感じは否めません。管理人のイメージは「FELT≒森本選手≒クライマー御用達」といったイメージになっています。

おすすめのロードバイクメーカーはこれ、各メーカーの特徴まとめ
ロードバイクは性能だけでなくメーカーの希少性も大事 ロードバイクのメーカー、人によってはブランドという表現を使い人もいるかもしれません。あ...

デザイン的には黒ってイメージも強く、派手なカラーリングとは無縁な印象も・・・

そんな管理人にとっては森本選手w、あるいは質実剛健、オーソドックスな落ち着いたイメージのロードバイクブランドFELTですが、2017年モデルではこれまでの概念を覆すフレームをリリースするようです。

バックステーにブレーキがない?

FELTの2017年モデルとして展開されるFRシリーズ、Fの頭文字で始まるシリーズはFELTのラインナップのなかでマスドロードに分類され、その最新作がFRシリーズになります。

FELT FR

出典:サイクルスポーツ.JP

なんとこのFRのフレームはバックステーにブレーキがありません!!
Q:さて何故リヤブレーキが無くなってしまったのでしょうか?

①「リヤブレーキを軽量化のために排除した」
②「フロントのディスクブレーキ化につられてリアもディスクブレーキにしちゃった」
③「フロントの制動が強力になったためリヤが不要になった」

上記のどれも不正解です。

実はリヤブレーキは意外なところにちゃん取り付けられています!
その取り付け位置とは・・・・・、チェーンステー下です。
チェーンステー下といってもかなりBB寄りの位置です。どうですか、ちょっと見えるでしょ?

FELT FR

出典:サイクルスポーツ.JP

こちらなんですが、従来のブレーキ位置では路面からのストレスに対して、ホイールを挟み込む位置が遠いためホイール剛性が弱いと制動時の安定性に欠く問題があったのですが、こうして路面近くにブレーキを配することで、ホイールのねじれの影響を受けにくくなるとのこと。

つまりブレーキ制動能力がアップするとのことです。

加えて言うなら、僅かながらでに重量物を下部に配置することでバランスが良くなり走行安定性にも好影響が期待できそうです。シート付近の見た目のスッキリしていてかっこいいですね。

この手段が今後のロードバイクのスタンダードになるのかは判りませんが、管理人にとっては目からウロコの発想、アンビリーバブルです。

敢えて苦言を呈するのであれば、路面からのゴミの吸い上げによるブレーキ可動部の汚れですかね~、結構泥はねとかも受けそうな位置なんで、ブレーキ性能を100%発揮させようと思うと小まめなメンテナンスが必須になりそうですね。

いずれにしても2017モデルのインプレッション等が楽しみなモデルです。ディスクブレーキや25Cタイヤに続き、また新たなテクノロジーがロードバイク業界を熱くしてくれそうで嬉しいですね。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です