探し物が一瞬で見つかる「TrackR bravo」は自転車盗難防止の神アイテム

最新記事

通信技術の進歩によって、世の中からは「うっかり忘れた」とうことすら無くなるかもしれません。すっかりおなじみのBluetooth通信技術を利用した「Bluetoothトラッカー」は忘れ物どころか、使い方によっては我々ロードバイク乗りの最大に悩みである盗難対策の救世主となるのです。

500円玉サイズの「TrackR bravo」にできること

今回紹介する「TrackR bravo」は500円玉サイズのキーホルダーで専用アプリをダウンロードしたスマートフォンと連携して、その在りかを確認できるすぐれもの。財布や鍵などの取り付けると。家や出先でのついうっかりを回避することができるのです。

TrackR bravo

この専用アプリがBluetoothの通信距離可能距離30mを超えると、スマホあるいはスマホと「TrackR bravo」の両方からアラートを鳴らしてくれるわけです。

便利機能①

鍵、財布や携帯電話を失くすことにうんざりしていませんか?
コインの大きさのTrackR bravoをどんなアイテムにも取り付けて、TrackRアプリを使い、数秒でアイテムの場所を突き止めることができます。
家の中で見つからないアイテムを素早く鳴らしたり、物を置き忘れる前に通知を受けたりすることが可能です。

引用:Amazon「TrackR bravo」製品紹介ページ

忘れたことをスマホで知らせてくれるだけでなく、「TrackR bravo」そのものがアラートを鳴らしてくれるので、場所を探し出すのも簡単なわけですね。

画期的なGPSネットワークを活用した紛失物の追跡機能

上記で紹介した機能は鍵や財布の忘れ物防止に非常に役立ちますが、もうひとつ画期的な機能が「TrackR bravo」には搭載されております。

それがクラウド型のGPSネットワークを活用した紛失物の追跡機能です。これは自分の「TrackR bravo」をBluetooth圏外に置き忘れても、別の「TrackR bravo」ユーザーがBlurtooth圏内に入ると、管理サーバーをとうして、スマートフォンに位置情報を知らせてくれるという機能です。

便利機能②

TrackRのアプリは、iPhone、Androidのスマートホンの両方に使用可能です。
この美しいアプリケーションを使うと、失くしたアイテムを簡単に追跡できるので、愛用品を見失うことはありません。
アイテムが紛失した場合、TrackRのクラウドGPSネットワークは、探し出すために役立ちます。
他のTrackRアプリのユーザーがあなたの忘れ物の100フィート(約30メートル)の範囲内に入った時に、アイテムの場所を知らせるGPSの最新情報が届きます。

引用:Amazon「TrackR bravo」製品紹介ページ

つまり30m以上離れた場所で音を頼りに出来なくなった状況でも、GPSの位置情報から、「TrackR bravo」の場所を特定できる可能性があるのです!

TrackR bravo 追跡

この「TrackR bravo」を自転車のサドル下等に忍ばせておけば、万が一の際に追跡できる可能性があるわけですよ。

バッテリーはボタン電池でCR1620、最長一年間持つとのことなので、サドル下常設でもバッテリー交換のストレスはさほどなさそうです。

追跡機能の真価発揮は「TrackR bravo」ユーザーの普及次第

こちらの「TrackR bravo」の日本市場初上陸は2016年秋であり、まだまだユーザーが少ないため、万が一盗難にあっても他ユーザーが遺失物の近くを通ってくれる確率が低いようです。

以下、クラウドGPSのイメージ図ですが、アメリカに比べて日本はまだまだな感じですね。

TrackR bravo ユーザー

引用:探し物が一瞬で見つかる! 500円玉サイズの「Bluetoothトラッカー」がヒットの予感

人気に火がつけばユーザー増加、利便性向上で爆発的に広がることが期待できるので、今後に期待ですね。

仮にこの追跡機能が無かったとしても、アラームによる窃盗犯への威嚇は可能ですので、盗難抑止力は間違いなく向上すると思います。

もちろん盗難防止の対策として屈強な施錠は必須、盗難する気にさせないことも重要です。

ロードバイク用の鍵におすすめ、フォールディングロック
ロードバイク盗難防止に鍵必携をおすすめ 外出にロードバイクの鍵・施錠はみなさんどうしてますか? 管理人は練習中の補給食対応は持ち出し...

ですが、施錠を破られた場合の予防策として「TrackR bravo」を導入するのも良いと思います。

以上、最後まで御読み頂きありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA