ロードバイクの簡単カスタマイズにおすすめのパーツは?

最新記事

ロードバイクのカスタマイズは趣味の極み

ロードバイクに乗り始めて、しばらくすると消耗品をはじめ、誰しもカスタマイズを行うと思う。それが趣味としてのロードバイクの醍醐味だし、バイクを愛でる気持ちの現われと思う。
管理人の経験からカスタマイズしやすいおすすめパーツ系のベスト3を考えてみた。

おすすめカスタマイズ1位:ホイール

順位 パーツ 作業性 コスト 効果 総合
見た目 走り
1 ホイール 4 1 5 5 15
2 ペダル 4 3 3 3 13
3 バーテープ 2 5 4 1 12

1位はなんといってもホイールだと思う。当然タイヤ交換をするスキルがある前提ではあるが、ロングライドには必須のスキルなので、できること前提で作業性の点数をつけた(※ホイール組みのことは考えていません、出来上がったホイール(完組ホイール等)があることが大前提)。
選ぶホイールにもよるが、リムハイトの高いディープリムなんかに変更すると、見た目と走りで激変! ちょっと費用がかかるのが玉に瑕ですが、 最近はネット等でお安く購入する手段はいくらでもあるので、検討してみるのも如何かなと思う。

その日に走行するコースに合せてホイールをセレクトするのも、趣味としてのロードバイクならではの楽しみ!!

ロードバイクのホイール選び、迷ったらこれ!

おすすめカスタマイズ2位:ペダル

2位はペダルです。こちらも交換は比較的簡単、現在自分が使用しているペダルと同じ方式を選べば、シューズ側の調整も不要!!

ビンディングペダルの種類と選び方

ペダルレンチ(※ものによってはアーレンキーでもOK)と焼き付き防止のためのグリースがあればOK
乗り始めはエントリーグレードで初めて、ペダルの方式を決めたから上級グレードに交換するのが王道だと思います。

おすすめカスタマイズ3位:バーテープ

3位はバーテープ、そんなのパーツでないと言う意見もありそうだけど、結構印象を左右する重要部位です。 なんといっても費用が安い!!
結構汚れる部位なんで、特に白系なんかであれば、単に新品に交換するだけでも随分印象が変わります。
サドルと同じ色なんかにすると統一感があって素敵ですね。ちょっと巻き方にコツも必要ですが、メンテナンス本を見たり、ネットで調べたりすれば、すぐに自分で出来るようになります。管理人が最初にカスタマイズしたパーツはバーテープでした。

バーテープ交換時におすすめ、プラスチックテープ!

巻きなおし可能なバーテープ、初心者におすすめ

以上、比較的お手軽にカスタマイズが楽しめるパーツについて、書かせていただきました。
ロードバイクをいじる楽しさの「入口」にして頂ければと思います。

カスタマイズパーツの入手には海外通販がおすすめ

今回紹介しましたパーツは初心者でも簡単にカスタマイズできます。パーツの入手に関しては海外通販で利用するほうが圧倒的に安いケースも多いです。

本サイトで度々紹介している海外通販サイトのWiggle、サイクリングエクスプレスは日本語化されており、大変利用しやすい海外通販サイトです。登録方法も紹介しておりますので、海外の格安パーツの入手経路として活用することをおススメします。

【Wiggleの使い方】アカウント作成から支払いまでの手順

【サイクリングエクスプレス】アカウント作成から支払いまでの手順

また当サイトでは海外通販を中心に激安情報を定期的に発信中ですので、併せてご確認ください。

これら海外通販を積極的に活用して、趣味の自転車カスタマイズを充実させてください。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です