冬の練習も自転車用スノータイヤで安心!

最新記事

雪道にお薦め自転車専用のスノータイヤ

雪道は4輪車でも苦戦する

先日の寒波の威力はすごかった。管理人の車はきちんとスタッドレスを履かせているが、今朝の積雪ではじめてスタックというものを体験しました。

インフォメーションディスプレイにDSCマークがちかちか点滅するんですけど、車は左右に身もだえするだけで前に進みません。あせる気持ちを静めて、いったん車を後ろに下げてからなんとか脱出しましたが、寒い中にも関わらず思わず汗をかいてしまいました。

スタッドレスを準備していたからこそ、この程度で済んだのであろうと思います。夏タイヤであったらどんな目にあっていたのだろうと思うとぞっとしますね。

皆さんもお気を付けください。

自転車には自転車専用のスノータイヤ

これまで冬の練習方法について、記事を書かせてもらってきました。寒がりは管理人の練習スタイルは基本的にインドアがいいかと思っております。

冬のロードバイクのおすすめ練習法

ロードバイクは冬のローラー台トレーニングで強くなる!!

最近の寒波による雪の日なんかはサイクリストは自宅待機しかないのかと思っていました(管理人の場合は外に出ない言い訳ですけどw)が、実は雪道専用のタイヤがあるんですよね。

(こんなのが世に広く出回ると言い訳がきかないぞ^^;)

自動車用スタッドレスのように、地面への喰いつきを改善するためにゴム質を柔らかくしたいわゆるスタッドレス的なものだけでなく、金属ピン装着する本格的なスノータイヤもラインナップされています。

ゴム質を軟化させて雪道でもグリップ確保

まずはおなじみのIRCから、こちらはスパイクは使用しないタイプです。
IRC 自転車専用 スノータイヤ 冬用タイヤ ささら 27インチ(WO 27)


見た目はちょっとごつい感じで良くグリップしそうですね。
サイズが27インチであることと、シティサイクル用やママチャリ用と説明記載されていますので、ロードバイクへの着用は難しそう。冬の通勤用と割り切って通勤用自転車に装着するのはいかがでしょうか?
なおレビューは少ないですが、27インチのママチャリに使用して5cm程度の新雪で無事走行できたと高評価を得ております。

【商品説明】
一般的なシティサイクル用やママチャリ用のスノータイヤです。
・雪が降った日でも安全に、そして安心して自転車に乗れるよう、積雪における低温時でも高いグリップ力をキープする専用コンパウンドを採用しました。 ・タイヤの断面構造はスクエアな形。タイヤの接地面積が増えることでトラクションがかかりやすくなり、雪道でもタイヤが空回りしにくいようになっています。
・各ブロックごとに適正なサイプを配置。それによるエッジ効果で、滑りやすい路面でも高いグリップ性能を発揮します。

金属製スパイクで凍結路面でもがっちり食いつく

続きまして、さらに本格的な雪用途に対応できるスパイク付きのタイヤを紹介します。みなさんお馴染みののシュワルベよりSchwalbe シュワルベ マラソン ウインター スパイク です。

タイヤに金属ピンが埋め込まれているため、アイスバーンでもグリップが高そう。
路面の状況に応じて、空気圧を調整しスパイクピンの出具合を調整できるようです。
よく考えられていますね。

700Cのサイズもありますが、タイヤ幅が非常に太いので、こちらもロードバイクへの装着は難しいかも、シクロクロスバイクであればなんとかなるのかな?

【商品説明】
雪道や凍結路面で強力なコントロール性を発揮する高性能スパイクタイヤです。 超高剛性タングステンにスチールを合わせたピンを採用しています。
空気圧を規定の最小値にする事により、スパイクピンが最大限のグリップ力を発揮します。 逆に空気圧を最大値にする事により、アスファルト 面でもノイズの少ない快適な走行が可能になります。 両サイドの白いラインは 反射材です。

過酷な路面状況でも走行可能、自宅待機の必然性なし

これまで意識したことはなかったですが、冬の自転車ライフを快適にするタイヤも開発されていたんですね。管理人は冬は家でぬくぬく派でしたが、これらのタイヤを使えば冬の雪道でも練習ができてしまいます。

ますます言い訳がしにくくなってきましたw

冬も元気に外走りを楽しみたいサイクリストはご検討されてはいかがでしょうか?

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA