自転車も交通ルールにのっとって走る

最新記事

交通機関の発達過程のおける自転車通勤の位置づけ

現在この国の生活はこれまでと比べると、とてつもなく豊かになったと言っても良いでしょう。あらゆる物が機械化され自動化されて、これまでは人々の手が離せなかった物事が道具を駆使することによって、とても楽に行えるようになりました。

特筆すべきは、インフラ面でしょう。これもまた、経済発展と同時に劇的に私達の生活を便利にしました。かつては隣の村に行くだけでも山を徒歩で超えて行かなければならなかったのに、現在は自転車、バイク、車、バス、電車、飛行機などその場所に適した便利な交通機関を利用することができるようになりました。

しかし、残念ながら今の素晴らしく発達した交通機関を持ってしても、地方特に山間部での交通機関は、ある程度限定されています。日本はどうしても平地が少ない国なので、そこは仕方がないのかもしれません。

都会での通勤スタイル

一方、都会の方の交通機関はどうでしょうか。

こちらの方は人が多く住んでいおり、大抵の都会は平野部に存在していることが多いので、新幹線や飛行機以外のあらゆる交通機関を利用して目的地に向かうことができます。

そして、都会で働くほとんどのオフィスワーカー達は電車やバスなどを利用して会社などに通勤しています。これらの交通機関を利用すれば、自分で乗り物を操作する必要がないので、その分の時間を違うことに充てたり、体力を温存することができるので、そういった理由で考えるととても合理的な通勤スタイルと言えるでしょう。

電車 インフラ

自転車通勤という特異なスタイル

しかし、近年は少し面白い方向に通勤スタイルが変化し始めています。その通勤スタイルとはなんと、自転車通勤です。

このスタイルは日本のインフラの発達で、比較的早い段階で使われていた乗り物です。

そして、近年では子供の乗り物や近所に少し出かけるための乗り物に過ぎなかったのですが、新しい都会の通勤スタイルとして再び自転車の価値が見直され始めています。

新しい通勤スタイル「自転車通勤」

自転車通勤による様々なメリット

まずは電車やバスといった乗り物ではなく自転車で通勤することのメリットを説明しておきましょう。

多くのオフィスワーカー達は、便利な乗り物に乗って体力を温存できるようになったことと引き換えに、逆に運動不足による健康への弊害を背負うことになってしまいました。

そこで、道がとてもよく舗装されており、平地である都会に適した自転車を通勤に選び始めたのです。自転車で平地を走っているのであれば、適度な有酸素運動を行えるので、とても健康的です。

そしてさらに、満員電車などに乗らなくてもよいので、ストレスも軽減することができます。

交通マナーを根付かせるのが課題

しかし、通勤スタイルとしてはまだまだ新参の自転車通勤は他の乗り物を利用している人達に完全に認知されている訳ではありません。

ですので、通勤で自転車を利用する人は交通ルールをしっかりと守って走行する必要があるのです。

自転車専用道路

現在主に通勤で使われているクロスバイクやロードレーサーという種類の自転車は、かつてのママチャリなどとは別ジャンルの乗り物と言える程、スピードが出せるので、他の乗り物を運転している人達には通勤用の自転車の特徴をしっかりと理解してもらい、安全に走行できるように配慮してもらわなければなりません。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA