グラベルロードなら、本当に一台持ちで満足できるの?

最近の投稿

グラベルロードは多様化によって産まれた新ジャンル

耳に新しいグラベルロードというカテゴリー、一体どんなカテゴリーを指す自転車なんでしょう。グラベルロードだけでなく、過去を振り返ると、これまでにスポーツ自転車市場の成長につれて、新カテゴリーはたびたび登場しております。

大きなくくりではロードバイクとマウンテンバイクの間の中庸的な役割を担うポジションをクロスバイクと呼ばれています。皆さんにもお馴染みのカテゴリーですね。

MTBでいうならば、フルサス車と言われる前後にサスペンションを装着したもの、最近であれば29erと呼ばれる従来のMTBの一般的ホイールに比べて大径なものを装着したもの。また極太タイヤを履いた自転車をファットバイクなどとの呼んだりします。

ロードバイクであれば、コンフォート系と呼ばれる従来のロードバイクに比べて起き気味のポジションがとりやすい長距離ライドに特化したものなど、当時のユーザーの要請に応じて様々なジャンルが出現しております。

スポーツ自転車ではないかもしれませんが、イクメン向けの自転車として、ママチャリならぬ88チャリ(パパチャリ)なるジャンルも市場形成を狙っております。

市場要求に応じて様々なジャンルが誕生するのは自転車業界に限らず、どの製品市場でも同じだと思いますが、自転車市場においては不思議と実質上消滅するというジャンルは少ないような気もします。

ある程度数量がでないと採算が合わないのは製造業である限り、自動車も自転車も同じではありますが、自転車のほうが自動車に比べて参入メーカーが多様化しているため、絶対数量が少なくとも商売になるのかもしれませんね。

そんな自転車市場で新たに生まれた新ジャンルであるグラベルロードとは一体どういった定義なのか、次項で説明していきます。

グラベルロードの定義とは?

クロスバイク、シクロクロス車との違い

「グラベルロード」は英語で書くと「gravel road」、この「gravel」なる「単語」は砂利という意味です。つまり「砂利ロード」という訳です。

読んで字のごとく、グラベルロードの定義はダート走行まで視野にいれた長距離ライド向けのロードバイクに属するようです。

なんとなく過去の定義ではクロスバイクが担当する領域な気もしますが、クロスバイクと呼ばれる自転車のラインナップがフラットハンドルがほとんどであるのに対して、グラベルロードと呼ばれる自転車はドロップハンドルが装着されております。

さらには最新コンポを装着しているためかはわかりませんが、ディスクブレーク装着車がほとんど。悪路を走行すること前提にしっかりした制動力を維持する意図でしょうか?

以下の写真は「Charge Plug3]とう所謂グラベルロードと言われるものですが、ロードバイクとはまた違った雰囲気を持ったバイクです。細身もフレームもちょっと新鮮な感じ

ChargePlug3

また個性的なバイクをリリースする有名どころであるGTも同様のコンセプトのバイクを多数リリースしており、その一例が「GT Grade AL」、ショック吸収性のよさそうなフレーム形状が特徴ですね。

GT Grade AL

またドロップハンドルでダート走行も言うと、シクロクロス車がかち合うカテゴリーに思えますが、シクロクロス車は担ぎや小回りを重視するフレーム設計であるため、フレーム設計やホイールベース長等に思想の違いがあるようで、グラベルロードは担ぎを想定していない分、フレーム前三角の設計の自由度と直線安定性重視の長めのホイールベース設計になっているらしいです。

この点からも、カリカリ走る純粋な競技用としての意図ではなく、ゆったり走ることを意図した設計になっていることが伺えます。

AU - 300x250

グラベルロード一台持ちで本当に満足できる?

そもそも「豚に真珠」でOKなのだ!

「表彰台を狙うようなロードバイカーやマウンテンバイカーでもない限り、グラベルロード一台あれば、殆どの人が満足できるはず!」なるおあり記事が載せられている雑誌もありますが、本当にそうでしょうか?

ロードバイクやマウンテンバイクに乗る人のほとんどは機材のパフォーマンスを最大限に引き出していないことは事実でしょう。

高スペックのロードバイクに跨ったからといって、表彰台に上がれるわけでもなく、自転車のポテンシャルと乗り手にポテンシャルを考えれば、管理人もまさに「豚に真珠」状態であることは間違いありません。

でも、そんなことは趣味で楽しむロードバイク乗り、MTBバイク乗りは百も承知の事実だと思います。たとえオーバースペックであっても、その機能美に対する所有欲に対価を払っているのです。

105の能力で足りないから、アルテグラ、デュラエースとグレードアップを図るわけではありません。フレームの能力がついて来なくなったので、フレームのスペックを上げるわけではありません。

あくまで、その自転車の機能美へのこだわり、愛車を愛でる喜びがなせる業、ですので「豚に真珠」でも大いに結構だと思います。

おすすめロードバイクはこれだ!、選び方と予算別プランを紹介!

管理人の考えるグラベルロードの位置づけ

一方でグラベルロードがクロスバイクというジャンルと同じく、スポーツ自転車購入の入り口として機能することは間違いない事実だと思います。

しかし、グラベルロードを購入し乗り続けると必ず、より尖った味付けのロードバイクやマウンテンバイクが欲しくなり、買い増しに走ることは間違いないと思います。

ですので、グラベルロードの位置づけは、より「クロスバイクよりもロードバイクに近い趣味のロードバイクの入り口」としての用途と、既にロードバイクを所有している人の、ポタリング等の普段使い用の用途が正しいと思います。

実際にはロードバイクとして出なく、通勤用やお出かけ用の自転車として、グラベルロードを考えると非常に魅力的なんです。

それなりの高速巡航性はありまし、ロードバイクよりも屈強な作りですので多少ラフな取り扱いでも大丈夫そう、販売価格もロードバイクに比べてややリーズナブル、装備面では乗り心地のよさそうな太めのタイヤ、ディスクブレーキ等の最新コンポも装着しており、メカ的にもそそられます。

管理人としては、街乗り用途やポタリング用としてに2台目としての購入を推奨したいと思います。完成車販売がほとんどのようですが、お手持ちのあまりパーツをちょこちょこと組み込んだりとグレードアップも色々と楽しめそうです。

おすすめグラベルロード、GT Gradeシリーズ

上記で紹介した「GT Grade AL」ですが、アルミフレームだけでなくカーボンフレームもラインナップされており、結構力が入っております。一部の代表的なグレードを紹介していきます。

アルミニウムフレームでコンポーネントを105にグレードアップさせた「GT Grade AL (105、2017年モデル)」、信頼できるコンポーネントの105ですので、シフトチェンジ等のトラブルの心配も少なく、快適なライドが楽しめると思います。上位グレードへのコンポーネントのアップグレードも楽しめそうですね。

フレームはアルミ製ですがショック吸収性を重視したフレーム形状ですので、上位グレードのカーボンに及ばないまでも、それなりの快適性はありそう。

カーボンモデルだと落車したときのフレーム折れなどのトラブルを考えて、あえてアルミフレームを選ぶのも良いチョイスだと思います。

GT-Grade-AL-105-2017

こちらはレディース用のグレード「GT レディース Grade AL(105、2017年モデル」も準備されています。ぱっとみで違いが良くわかりませんが、650Cのホイールを採用している女性用とのちょっと違うようです。サドルがちょっと違うのかな?

GT-Grade-AL-Womens

夫婦で林道を含めたツーリングや通勤等を考えている方はレディース用もラインナップされている「GT Grade」シリーズを検討されてみてはいかがですか?、ロードバイクが夫婦共通の趣味だと人生もきっと楽しくなりますよ。

ロードバイクを夫婦共通の趣味にするメリットとその方法

以上、新ジャンルであるグラベルロードですが、どれだけ成長する分野になるのか、今後はどんなメーカーが参入してくるのか、非常に楽しみでもあります。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です