わずか68gの最軽量サドル、「ボントレガーXXX Carbon」、その驚愕のg単価

最新記事

トレック系列のアクセサリーブランド「ボントレガー(Bontrager)」、昔はマウンテンバイクを展開していた歴史もあるのですが、今では完全にパーツブランドとしての地位を確立しております。

そんな歴史を持つボントレガーから、この度驚きの最軽量サドルが発売されました。

わずか68gのカーボン製サドル「XXX Carbon」

材質はやっぱりカーボン製、トレックお得意のOCLV技術を用いて作られたものですので、軽量サドルといえども信頼性を期待できそうです。

重量はなんと68gとなっており、私が知りうる限りで最も軽いサドルです。

ちなみに世界最軽量と言われる総重量2.7kgのカスタムロードバイクに装着されているサドルはTune社製のSpeedneedleサドル、こちらは87gですので、このボントレガーの「XXX Carbon」サドルが如何に軽量であるかご理解頂けると思います。

見た目は超軽量パーツにありがちな特別な出で立ちではなく、最近流行の人間工学を意識した構造、パッと見はわりと普通のサドルにも見えますね。

XXX carbon

引用:SANSPO.COM

見た目でわかる体に優しそうな構造、軽さを追及した結果、快適性を犠牲にしているのが超軽量パーツの常だと思っていましたが、さすがボントレガー、難しい背反を上手くまとめてきました。

定価はなんと59000円、g単価は868円!

まさに非の打ち所がなさそうな、「XXX Carbon」なんですが、価格も凄いことになっております。

定価はなんと59000円もします。軽量パーツだからやむなしとはいえ、Zondaも買えちゃう値段です。自転車パーツの価値を測るのには無意味な指標かもしれませんが、1gあたりは幾らなのか計算してみると・・・・

59000円÷68g=868円/g、なんとg単価は868円ですよ!。

ちなみに同じく超軽量として有名なホイール「AXライトネスU24T」は前後セットで790gで価格は450000円です。

最軽量ホイール?、AXライトネスU24Tにみる軽量化への執念

450000円÷790g=570円/g、g単価は570円

十分にすごい数字なんですが、「XXX Carbon」のグラム単価は「AXライトネスU24T」を大きく凌駕しております。

ちなみに貴金属である金のg単価は約4878円、銀は約66円(本記事投稿時)、上記の2パーツはさすがに金には敵いませんが、銀よりはお高くなっております(冷静に考えると軽量パーツってお高いですね・・・・)。

軽量パーツのなかでも軽量サドルは高い位置に取り付けられるパーツですので、軽量化による恩恵が大きいと言われております。

しかし、いきなり59000円もサドルに投資するのはデンジャーだとお考えに方には以下の格安サドルで感触を味わってみることをおすすめします。

ロードバイク軽量化におすすめ、お買得なカーボン製サドル

以上、最後まで御読み頂きありがとうございました。

facebook
この記事が気に入ったら、「いいね!」して今後の記事もチェックしよう!
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA