パナソニックの新作クロモリロードバイクがカッコよくて驚いた

最近の投稿

パナソニックの意欲作FRCC11が美しすぎる

管理人の偏見かもしれませんが、近年、ブリジストンと比べて、あまり精力的に活動しているように見えなかったパナソニックですが、2017年モデルでは目を見張るモデルを発表してきております。

クロモリフレームの新作、型式はFRCC11(※完成車の場合はORCC11)

どうでしょうか、このハッと目を奪われる美しいホリゾンタルフレーム、クロモリフレーム好きでなくとも、気になりますよね?

FRCC11

写真引用:パナソニック製品紹介ページ

スペックは以下のようになっております。
フレーム:クロモリ フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥200,000
重量(フレーム):1890g
価格:11速ULTEGRA完成車 ¥380,000
価格:11速105完成車 ¥340,000
重量:9.1kg タイヤ:-

決して超軽量というわけではありませんが、やはり目を見張るのはメッキされたラグの美しさ。このメッキ処理はアップチャージになりますが、随分と雰囲気が変わりますので予算に余裕のある方には、是非ともおススメしたい。

単なるメッキラグではなく、このモデルの新しさはラグがインテグラルヘッドの役割をかねた「インテグラルヘッドラグ」なる構造になっていることです。写真では判りにくいかもしれませんが、メッキ加工されたラグの直下にフォークが刺さっています。

フォークは同社のチタン製ハイエンドモデルに装着されるオリジナルモノコックカーボンフォークが採用されております。かなりマッシブな印象で軽さを剛性の両立を図った高性能フォークと思われますが、フォルムはかなりマッシブな印象です。

フォークもクロモリで構成された往年のクロモリフレームをお探しの方にはちょっと残念かもしれませんね。伝統の乗り味を守るのではなく、伝統を守りつつも走行性能を追求する日本メーカーらしい戦略なんです、これはこれで受け入れていきましょう!

クロモリのロードバイク、イタリア御三家と国産フレームを比較
伝統のイタリア御三家と国産フレームはどうちがう? 素材でクロモリを選択するライダーは走行性能よりも官能的な走りを求めている方だと思います。...

もし将来的にクロモリフォークも選択できるようになったら、もっと多くのユーザーのリクエストの応えることができるので、パナソニックさんも是非とも検討いただきたいと思います。

アンカーのネオコットフレームに並ぶ名車になりうるか?

同じく日本が誇るブリジストンアンカーのネオコットフレーム。ネオコットはチューブをラッパ状に加工することでラグの役割を持たせた軽さを剛性を高次元で成立させた名車です。

走行性能もさることながら、その美しさに魅了された方も多いと思います。

アンカーのクロモリロードバイク、ネオコット(NEO-COT)は一味違う
世界に誇れるアンカーのクロモリフレーム、ネオコット フレーム素材はクロモリからアルミ、そしてカーボンへ 未だに根強い人気のあるクロモリフ...

今回のパナソニックの新作FRCC11はネオコットとはまた違った美しさから、大人気なる予感がします。欧州御三家のクロモリフレームとは異なり技術面の差別化が武器となる国産クロモリフレームですが、今後の国内での反響がどのようなものか楽しみですね!

もちろんPOS対応ですので、ビルダーさんにフルオーダーとは行かないまでも、自分だけの特別な一台をあつらえることができるの魅力ですね。

長く付き合えるロードバイクをお探しならクロモリがおすすめ
素材にこだわるならクロモリフレームが断然おすすめ 定期的にフレーム、コンポーネントを最新のモデルに交換し、乗り換えていくことも、楽しくロー...

自分だけの一台を長く乗り続けたいとお考えに方にもぴったりの一台になると思います。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

facebook
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です